真性包茎の割合はどのくらい居るのでしょうか。真性包茎であることは珍しいことなのか。真性包茎の割合に関することをこちらでご紹介していきます。割合を知ってその後の対応をご検討してみてください。

真性包茎の割合は1%?

真性包茎の割合は約1%と言われています。

ただ、この数字はあくまでも言われているものです。

どこかで統計を取ったわけではありません。

よって、明確な数字ではないので、あくまでも参考の数値として捉えてください。

真性包茎は治したほうがいいの?

割合から見てもわかるように真性包茎の割合は少ないです。

真性包茎は平均よりも少ないとなりますので、病気の一種と捉えていいでしょう。

そして、真性包茎は法律上でも病気と捉えられているので、保険が適用されます。

保険が適用されれば手術代もその分低く抑えて、手術を受けられるようにないます。

真性包茎の割合が低いことからわかるように、真性包茎は治療したほうがいいです。

また、真性包茎は割合だけでなく。病気になる危険性も含んでいます。

真性包茎であることで自分への病気はもちろんのこと、相手(女性)にも重大な病気に繋がる恐れがあります。

特に真性包茎の場合は恥垢と呼ばれる汚れが問題となります。

真性包茎の場合は汚れを取り除くことが難しいので、その結果、成功によって相手に病気に掛かる危険性を高めてしまいます。

ですので、できる限り早いうちに真性包茎は治療をしたほうがいいです。

仮性包茎の割合は約7割

ちなみに真性包茎の割合よりも日本人は仮性包茎の割合が非常に多いです。

割合からみると仮性包茎が正常であると考えられます。

また、海外から見たら仮性包茎は正常の状態であるとされています。

ただ、真性包茎は性病のリスクを上げるとされているので、手術をすることをWHOが推奨されています。

仮性包茎と真性包茎の割合を見てきましたが、割合などは関係なく。真性包茎は病気のリスクも高りますので、できる限り早い段階で治療を受けないといけないみたいですね。