真性包茎の治療を泌尿器科で受けようと思っているのだけど、そこではどういった治療が行われる?泌尿器科へ行くメリットはあるのか。など真性包茎を治療するために泌尿器科へ行かれる方に向けた記事です。

泌尿器科での治療

泌尿器科での治療は一般の診断の流れと変わりはありません。

診断を行って真性包茎であるのか、また真性包茎でもどういった状況にあるのか。

手術の方法を決めます。

※術式は保険適応の物となりますので、限られた術式でしか手術を行いません。

その後は手術を終えた後は術後の経過を見るための通院をします。

そして、経過が良ければ、前の私生活に戻れます。

ざっとの流れはこの様な感じになっています。

泌尿器科だからといってとくに変わったことはしません。

泌尿器科で手術を受ける利点は?

真性包茎を治療するにあたってクリニックとどうちがうのか。

大きな利点は。

それは治療の値段です。泌尿器科で真性包茎と診断された場合、受ける治療は保険が適応することが出来ます。

これにより低額で真性包茎を治療することができるので、料金で治療を断念する方も少ないと思います。

割合はわかりませんが、真性包茎の治療を受ける方の多くは泌尿器科よりもクリニック(包茎を専門にしたクリニック)で診察される方のほうが多いと言われています。

大きな理由は手術後の性器のデザイン(術式)が大きく関係しています。

泌尿器科で受ける手術は保険適応のものとなりますので、限られた術式になります。

この手術を行うと大きな確率で性器がツートンカラーになってしまいます。

その結果、見た目が少し普通の性器とは違った見た目となります。

これを避けるために多くの方がクリニックに訪れるそうです。

しかし、このツートンカラーは男性だけが気になるもので、女性にとっては特に気になる様なものではないそうです。

そういった性器だと思うことが多いみたいです。

よって、泌尿器科で受けるのかクリニックで受けるのかの違いはあくまでも見た目、これが大きく関係しています。

あとの治療の流れなどはクリニックでも病院で変わりはありません。