真性包茎の矯正グッズの種類はどのくらいあるの?そもそも真性包茎は矯正グッズで治すことは可能?真性包茎の矯正グッズにまつわることをご紹介していきます。

真性包茎の矯正グッズはそこまで多くない

真性包茎に特化した矯正グッズを調べた所、そこまで種類は多くないみたいです。

仮性包茎の矯正グッズは多く出ていますが、真性包茎になるとワケが違うみたいで、矯正グッズは若干しかありません。

その一つがキトー君と呼ばれる商品です。

こちらの矯正グッズは真性包茎である皮の入り口を広げるグッズとして販売されています。

性器に被っている皮は訓練をすれば伸びることが可能ですので、その性質を利用したグッズとなります。

皮の入り口が広がれば、その分皮はスムーズに剥けると考えれます。

真性包茎矯正グッズで真性包茎は治せる?

最も気になるのは矯正グッズを使って治せるかどうかです。

治せるものと治せない真性包茎があります。

真性包茎でも皮が性器と癒着をしていると、いくらグッズを使っても剥けない場合があります。

それが癒着です。

皮と性器(亀頭)がくっ付いてしまっている事を指します。

この状況の性器では矯正グッズを使っても意味はありません。

癒着が認められる場合は、自分で治そうとせずに病院にいくことをおすすめします。

癒着なのかどうなのかわからない場合は、水を入れると亀頭が膨らむと言われていますが、それを確認するには難しいと思います。

もう一つの方法としては、皮の先を摘まんで尿を出す。この時に亀頭が膨らめば、癒着はないとされます。

しかし、この方法も確認することが難しいです。

ですので、最も確実なのは病院で診断してもらうことです。

それ以外の真性包茎の場合は、矯正グッズを使えば、仮性包茎にはなると思います。

皮は続ければ必ず伸びるものですので、根気よく行ってみてください。