真性包茎の手術を受けようと思っているけど様々な不安があるので、手術を受けた方の口コミを知りたい。術後の痛み、術式はどういったものがあるのか、料金は?など様々な疑問をこちらでご紹介していきます。

真性包茎手術を受けた後の痛みは?

痛みはあります。

特に性器は急所の部分ですので、その分にメスを入れるので、術後の痛みはあります。

そして、真性包茎の方の場合は皮が剥けた状態での刺激になれてません。

ですので、術後の痛みは必ず出てきます。

ただ、クリニックも理解をしていますので、術後は痛み止めを処方してくれますので、そちらをきちんと飲んでください。

痛み止めと時間によって、痛みは取れます。

しかし、亀頭の刺激は慣れが必要となりますので、亀頭のむずむず感は薬などでは取れませんので、手術後はできる限り刺激の少ないボクサーパンツやブリーフを履くといいです。

他にも男性なら必ず起きてしまう現象である勃起。

これもできる限り避けるべきです。

まだ、慣れてない状態で行わないでください。

できる限り性的な興奮をするものは避ける様にしてください。

しかし、朝の生理的現象は誰も止めることができませんので、そちらは諦めてください。

真性包茎の手術を受けてよかった?

真性包茎手術を受けたと思っていても、実際受けてみてよかったことはあるのか、気になると思います。

実際におこなった方の口コミ等を見ても、真性包茎を治すことは利点しかないみたいです。

デメリットを語る方はほとんど居ませんでした。

ただ、真性包茎の手術をしたことで、性器がツートンカラーになってしまったことにショックを受けている方も居ました。

しかし、これは手術の方法によって、避けられることも可能です。

それにツートンカラーを気にするのは本人もしくは男性の一部の方のみです。

女性はツートンカラーであることを気にする人も少ないですし、それが包茎の手術跡であると気付く方も少ないです。

このカラーの問題のみが、唯一の欠点となるみたいです。

他の気になる口コミなどはありませんでした。