真性包茎の手術に掛かる費用はどのくらい?手術によって費用は変わるの?クリニックと病院とでは料金に差がでるの?真性包茎を手術で治す場合の費用をこちらでご紹介。治す際の気になる料金を知ることで、安心して手術が受けられるようになります。

真性包茎は保険が効く

真性包茎は日本では病気の一部として認められています。

ですので、治療を受ける際は保険が適応されます。

よって、真性包茎での治療はネットなどで紹介されているほどの料金はかかりません。

約2万~3万円ほどで手術は受けられます。

これを高い安いかと感じるのは人それぞれですが、この価格で手術が受けられるのは非常に嬉しいですよね。

手術によって料金は変動する

ただ、一点だけ問題があります。

真性包茎を保険適応で済ませると、場合によっては性器がツートンカラーに分かれてしまう場合があります。

見た目的にはちょっと間抜けな感じになってしまうので、中にはこれを気にして、保険適応ではなく、自費で行える術式で手術をされた方がいらっしゃるほどです。

ただ、これは人それぞれですので、ツートンでもとりあえず治したい。清潔な状態に保てるようにしたい。と願うなら保険適応をおすすめします。

見た目を気にする場合はクリニックで仕上げがキレイになる術式を選択するといいでしょう。

自費の手術の相場

次に気になる料金は自費で受けた場合。どのくらい料金がかかるかだと思います。

手術の種類やクリニックによって多少変動しますが、約10万円~20万円ほどかかると思っていいでしょう。

これよりも高かった場合は少し考えるたほうがいいです。

相場よりもかけ離れた料金を払ってキレイに仕上がる保証はありませんので。

※ただ、術式がご自身で納得できるものでしたら、料金が高くても受けるべきだと思います。

以上が真性包茎の手術の費用となります。保険が適応するので、料金で悩んでいる方は、泌尿器科で手術をされるといいでしょう。

※ツートンカラーが気になってしまいがちですが、それはあくまでも一部の男性と自分だけです。女性はツートンカラーは気にしませんし、もともとそういった性器だと思う方のほうが多いです。