真性包茎の治し方にはどういったものがある?真性包茎の様々な治し方をこちらでご紹介していきたいと思います。真性包茎に悩まれている方はこちらで紹介している治し方を参考にしてみてください。

真性包茎は思春期の訓練で治る

真性包茎は皮の長さによって決まります。

皮が長ければその分、性器に皮が被ってしまいます。

本来でしたらカラダの成長と共に性器も大きくなり、皮が自然と剥けるようになるのですが、皮が長いと剥ける作業が自然と行えず。

皮の入り口は狭い状態になってしまいます。その結果、性器が大きくなっても皮は伸びて亀頭まで剥くことが出来なくなります。

しかし、皮を剥く訓練をしていれば真性包茎でなく。仮性包茎になることはできます。

ただ、注意が必要です。真性包茎は時期を間違えると治すことはできません。

真性包茎は成長と共に解消するものですが、皮が長いとそれが自然とできませんので、それを自分の手で手伝ってあげればいいのです。

成長期の時にゆっくり皮を剥くようにしてあげればいいのです。

そうすることで皮の入り口は広がり亀頭を露出することが可能となります。

※性器と皮が中で引っ付いているので、それを取るための行為となるので、痛みはあります。ですが、焦らず行ってください。

成人の真性包茎は手術が必要

成人で真性包茎である場合は、手術が必要なことが多いです。

ただ、皮の入り口だけが狭い場合は訓練で剥けるようになりますが、その状態が素人にはわかりませんので、やはり、泌尿器科に掛かられたほうがいいでしょう。

癒着されている場合は無理に剥がそうとすると、炎症を引き起こしてしまう恐れがあります。

また、癒着がとれても皮の入り口が狭かったら嵌頓包茎になってしまいます。

嵌頓包茎のままでいると亀頭を絞め付けてしまい、壊死してしまう可能性があります。

性器に悪い影響を与えてしまいますので、泌尿器科に掛かることがもっとも安全です。

成人で真性包茎の方は病院にかかることがいいでしょう。