真性包茎になった原因はナニ?主な原因はどこにあるの?真性包茎になる原因をこちらでご紹介していきます。真性包茎になる前に原因となるものを知り、対策を取ることで真性包茎を回避する事が可能となります。

真性包茎は皮の長さによって決まる

真性包茎の主な原因は皮の長さです。皮が長いことで亀頭が露出しないのです。

皮がそこまで長くなくても性器が小さい場合も一緒です。

他にも皮を長くしてしまう癖。特に皮オナニーなどが挙げられます。

皮オナニーをすると皮が縦に伸び包茎になると言われていますが、皮を上下に動かせる余裕がある場合、真性包茎ではなく。仮性包茎の可能性が高いです。

真性の場合は皮すら剥けることができません。

よって、主な原因は皮の長さと性器の大きさです。

真性包茎を改善する事は可能

生まれつき皮が長いもしくは性器が小さい場合は、包茎になることを受け入れないといけないのか。

と不安に感じると思いますが、真性包茎でも治すことは可能です。

もちろん、病院、クリニックなどに通わなくても自分で治すことはできます。

ただ、条件があります。それは年齢です。

思春期を迎えるもしくは迎えている最中でないと難しいです。

性器も成長する時期に一緒に皮を広げる様にしないといけません。

本来は成長と共に皮が自然と剥けるようになっているのですが、皮が長い方はそれが自然に行われません。

よって、その手伝いを自分の指で行ってあげるのです。

では、思春期を過ぎた場合はどうすればいいのか、残念ながら大人になった場合はクリニックまたは病院で治療するしかありません。

真性包茎の場合は治療となりますので、きちんと保険が適応できるので、そこまで落胆する必要はありません。

成人以上で真性包茎の方は泌尿器科にかかってください。

以上が真性包茎の原因でした。