日本人の約7割の方が仮性包茎であると言われていますが、実際に本当に仮性包茎は7割ほど居るのでしょうか?統計はどこで取られたものでしょうか?7割と聞くけど、実際に他人の性器を見ると皆剥けている。など割合に関する疑問をこちらでご紹介していきます。

仮性包茎の割合はわからない

仮性包茎の割合がどこから出てきたのか、調べてみたのですが、出何処はわかりませんでした。

たぶん感覚的なもので、7割といったのではないでしょうか。

ただ、この7割は感覚的な部分ですが、間違いではないような気もします。

なぜならば、日本人の多くは正常値と勃起時のサイズの差が激しいことが考えられるからです。

仮性包茎の方でも勃起をすれば余った皮はなく。きちんと剥ける方が多いと思います。

また、海外と日本の包茎の認識も違います。

海外での包茎は日本でいう真性包茎。

日本で言う仮性包茎は実は普通の状態。正常の状態だと言われています。

※有名なダビデ像を思い出してください。中学生の頃に美術の教科書に出た際に「包茎」と誰もが思ったのではありませんか?

まとまりがない感じになってしまいましたが、まとめますと割合はわかりませんが、仮性包茎は国際的には正常な状態であります。

※医療で保険適応にならないのも納得がいきます。

仮性包茎の割合は多くなっている?

今は情報社会となっていますので、以前のように仮性包茎は恥ずかしいものである。といった認識は薄れてきていると言われています。

特に海外でも割礼(幼い時に皮を切除すること)は良くない!といった動きもあるそうです。

白人男性30人以上の平常時のペニスを見て分かった日本人男性の奇妙な風習

そして、今や仮性包茎は正常の状態であるとも言われています。

ですので、近頃は仮性包茎でも気にしてない方も多い印象を受けます。

ただ、中には仮性包茎を治したいと思っている方もいます。

それは恥ずかしさよりも敏感、早漏を治すために手術などを受けたいと考える方がいるそうです。

亀頭が露出することで刺激に慣れて、早漏が治ると言われているがために、治療をしたいと考えている方がいるみたいです。

ちなみに温泉などで剥けている方が多いのは、事前に剥いている。もしくは皮に癖が付いたためだと思ってください。

本当に完璧に剥けている人は居ませんし、皮が余った状態でないと勃起時に突っ張り大きくなりません。

よって、完全に剥けている方は少ないです。これは仮性包茎を治した時も一緒です。

剥けていても必ず皮は余った状態になります。