仮性包茎を見てもらうにはやはり、病院など医療機関で診察をしてもらうことのほうがいいと思うけど、どうなの?クリニックなどで診察をしてもらっている方が多いみたいだけど大丈夫なの?何が違うの?など泌尿器科とクリニックの違いなどをこちらでご紹介していきます。

泌尿器科は仮性包茎を治療しない

まず、泌尿器科は治療を目的とした病院です。

ですので、扱うものとしては性器と尿に関する病気などを診察する場所となります。

「性器を扱う科なので、やはり泌尿器科にかかることがいいのでは?」

と思うのですが、実は仮性包茎は病気でも何でもないので、多くの泌尿器科は治療を受け付けないことが多いのです。

もちろん。受け付けてくれることもありますが、手術などはあくまでも治療の一環となりますので、術式などは選べないことが多いです。

仮性包茎を治すのは、あくまでも美容整形と一緒の分類となります。

よって、泌尿器科は治療、病気を治すところと思っていただくといいでしょう。

仮性包茎を治すならクリニックに

よって、仮性包茎をキレイに治すなら、クリニック(包茎治療を専門としているところ)に行かれるほうがいいです。

クリニックなら様々な術式がありますので、仮性包茎でのツートンカラーにならないような手術を施してくれることがあります。

見た目にもキレイに仕上げたい方はクリニックです。

ただ、クリニックか病院を迷われている方の中には料金を気にされている方も居ますが、手術の相場などがありますので、それ以上に高い場合などは別のクリニックでかかればいいだけのことです。

ちなみに相場は15万円~20万円ほどといわれています。バイク一台分で悩みが消えるのですから、安いですね。

ただ、仮性包茎と自分では判断できない場合は、泌尿器科にかかることをおすすめします。

万が一、仮性包茎と思っていた包茎が真性もしくは嵌頓だった場合は保険が効きますので、クリニックよりも泌尿器科で診察をしてもらったほうがいいです。

仮性包茎と診断された場合はクリニックに行くようにすればいいでしょう。