どこで統計を取ったのかわかりませんが、日本人の7割は仮性包茎であると以前からよく言われています。そこまで多い仮性包茎は実際の所治したほうがいいのか、こちらでハッキリご紹介したいと思います。

勃起時に剥けているなら治す必要ない

勃起時に皮が被らずにきちんと剥けているなら治す必要はありません。

むしろ勃起時に皮が一切余ってない状態で、皮を切除すると勃起時に突っ張った状態となります。逆に悪い方向へと向かいます。

また、日本人の多くは通常時のサイズと勃起時のサイズの差が大きいため、皮はどうしても常に余った状態になります。

それが関係しているのかわかりませんが、日本人の多くが仮性包茎である主な原因ではないでしょうか。

よって、勃起時に皮が剥けているなら治す必要はありません。

また、通常時に皮が被っていると気にするのは男性だけです。勃起時に被ってなければ、女性は気にしません。

衛生面でもそうです。仮性なら剥けば洗えます。ずっと剥けていればキレイなんてことはありません。お風呂に入る回数が一緒なら清潔感も変わりません。

勃起時に皮が余っている場合はクリニックまたは病院に

反対に勃起時に皮が余っているもしくは被っている(手で剥ける)方はクリニックもしくは病院に行かれてもいいです。

仮性包茎(勃起時に剥けるだが、手で剥かないと少し被ってしまう。もしくは皮が余っている)でも皮が長い。もしくは性器が小さいことが考えられます。

このような場合は皮を切除してもらうほうが無難です。

もしも上記の状態以外(皮が完全に被っているor皮を剥くと痛い)は病院に行かれることを強くおすすめします。

真性は皮の切除が必要となります。嵌頓の場合は性器が壊死する恐れがありますので、これも皮の切除が必要です。

性器の存在に関わる問題ですので、できる限り早いうちに対策を打ちたい所です。

まとめますと、仮性包茎は勃起時に剥けたいるなら無理に切除しないでください。

剥けてない場合(手で剥ける&少し亀頭が見えている)は気になるようでしたらクリニックもしくは病院で話を聞くのもいいです。

これに該当しない方は病院の泌尿器科で診察を受けてください。