仮性包茎の包皮を剥く方法をこちらでご紹介。包皮いわゆる皮の剥き方を紹介していますので、現在剥くことが出来ないで困っている方はこちらでご紹介している方法を試してみてください。

仮性包茎の皮の剥き方は徐々に行う

仮性包茎の皮の剥き方は至ってシンプルです。

スベリを良くして徐々に皮を剥く。

たったこれだけの作業です。

ただ、仮性包茎の場合(程度による)勃起時に皮が若干剥けている(亀頭が少し見えている状態)状態になると思います。

万が一なってない場合は無理に剥かないでください。

嵌頓包茎もしくは真正包茎の可能性があります。

仮性包茎の方ならお分かりだと思いますが、剥けないのが皮の入り口がキツイわけでなく。包皮が引っ付いているので痛くて剥けない状態が多いです。

この様な状態の方なら仮性包茎ですので、ゆっくり痛みに耐えながらスベリを良くしながら剥いてください。

※年齢によっては癒着になっている場合があります。思春期を過ぎてもくっ付いている場合は無理に剥がさずに病院に行ってください。

剥くのには時期が大切

皮を剥く時期はできる限り早い時期に行ってください。

最低でも20歳までです。もしもこの年齢を過ぎても剥けてない(勃起時に亀頭の一部が見えてない)方は病院(泌尿器科)に行かれることをおすすめします。

真性もしくは嵌頓の可能性が非常に高いです。

本来でしたら年齢(思春期)とともに性器のサイズが大きくなり自然と皮が剥けるのですが、それが行われないことは何らかの問題があると考えたほうがいいです。

そして、嵌頓の場合は無理に剥いてしまうと性器が壊死してしまうかもしれません。

ですので、20歳以上の方で剥けてない方は病院に通われたほうがいいです。

仮性包茎で痛みが出た時は?

仮性包茎の方は皮が性器に引っ付いていると思います。

それを剥がす、剥く作業に痛みが伴います。

この痛みに耐えられずに皮を剥くことに躊躇される方も中にはいらっしいます。

しかし、この痛みを緩和できれば、誰もが皮を剥くことができます。

ですが、残念ながら痛みが出た時の緩和方法はわかりません。

よって、剥く際にできる限りゆっくり、毎日皮を剥く習慣をつけることが大切となります。

剥く際はお風呂など清潔な場所、または洗える場所で行ってください。