仮性包茎の手術を考えているけど、手術にかかる費用はどのくらい?保険などは効かないの?費用は地域によって変わってくるの?手術の方法によっても費用は変わってくるの?など手術をする際に気になる料金に関することをこちらでご紹介していきます。

仮性包茎の相場は約15万~20万ほど

仮性包茎の手術の平均は15万円~20万円ほどといわれています。

どうでしょうか?高く感じましたか?それとも安く感じましたか?

感じ方によって、仮性包茎の悩みの深さがわかるのではないでしょうか?

長年、仮性包茎に悩んでいた方にとっては高いとは感じないと思います。

なにせ、ずっと悩みの種だった仮性包茎が1ヵ月の給料の料金で治せるのですから。

もしも、この値段を高く感じる場合はもう一度考えたほうがいいかもしれません。

ただ、「悩む理由が料金なら買うべき、買う理由が料金なら買わないべき」と誰が言ったかわかりませんが、この様な言葉もありますので、料金で判断するのも危険かもしれません。

仮性包茎は手術によって料金が前後する

仮性包茎の相場に開きはあるのは、地域、手術の種類などによって、変わるからです。

地域ですと、銀座と地方では銀座のほうが高くなります。

これは美容医療(仮性包茎の場合は美容(審美)に関わります)の世界では当たり前のことですね。

歯科などでもそうです。銀座ではインプラント一本打つだけで30万以上支払わないと手術してくれない医院がほとんどです。

包茎手術も一緒です。

先ほども触れた様に手術の種類によって、料金は変わります。

特に見た目をキレイにする技法は料金が高くなります。

基本的な手術に加えて見た目をキレイにするためのテクニックなどは別料金を支払わないといけないことが多いです。

仮性包茎に保険は効かない

仮性包茎には保険は効きません。

ただ、真正包茎と嵌頓包茎の場合は別です。

こちらは保険適応されています。なので、泌尿器科で保険ありきの手術を受けられます。

料金は約3万円ほどで済むそうです。

もし、今ご自身の包茎状態がわからない。自分では仮性包茎と思っていたが、実は真性もしくは嵌頓包茎だった。なんてことがあるかもしれません。

わからない場合は一度クリニックもしくは、病院で診察をしてもらうことをおすすめします。

※ただ、包茎手術は審美面も影響を与えるので、キレイにするとなると自費のクリニックで受けたほうがいいです。

ちなみに保険と自費手術を合わせて行うことはできません。自費を選択するとすべて自費(保険適応外)になります。

以上が仮性包茎の手術の費用でした。

※上記の情報はあくまでも一つの目安として捉えてください。実際に治療を受けようと考えているクリニックで確かめてください。