仮性包茎の治し方にはどんなものがある?自分で治す方法はある?クリニックなどではどのように仮性包茎を治すのか、こちらでご紹介していきます。

仮性包茎を自分で治す

仮性包茎を自身で治す方法は2つあります。

一つは性器自体を大きくする。

サイズを大きくすることで、余った皮が性器にかからないようにします。

仮性包茎の原因はサイズが小さい。もしくは皮が余分に多い。このどちらかを解消することで、仮性包茎は解消されます。

もう一つの方法は皮が戻らないように癖をつける。

癖を付ける方法は様々あります。一つはリングの様なものを性器に付けて、皮に癖をつけます。

他には絆創膏など肌に使っても大丈夫なもので代用する場合もあります。

変わり種としてはアイプチなどで代用することもあるそうです。

クリニックで治す場合

クリニックの場合は余った皮を削除する方法が最もポピュラーです。

二重にする整形を性器に施すとイメージです。

縫う場所はクリニックや重症度によって変わるそうです。

ただ、人によっては仮性包茎でもクリニックにいくほどの状態でない場合もあります。

間違った情報で仮性包茎は悪い。悪だと思って仮性包茎を治そうとする方もいらっしゃいますが、実際に手を加えなくても大丈夫な場合があります。

しかし、自分ではその重症度の判断が付かないこともありますので、その様な場合はクリニックで相談してみてもいいと思います。

そうはいっても気になる。なんて方はまずは手軽に始められる自分で治す方法を試してみるといいでしょう。

特にサイズを大きくする治し方は、仮性包茎を治す可能性もありますし、サイズが大きくなるのは男性にとっては喜ばしいことです。

一石二鳥となりますので、おすすめの治し方です。

以上が仮性包茎の自宅とクリニックの治し方でした。