仮性包茎の原因をできる限りこちらでご紹介していきます。ご自身の仮性包茎は生まれつきのものなのか、それとも習慣によってできたものなのか。後天的な原因ならそれを知り、今後生まれてくるお子さんに二の舞にならないように対策を打つことができます。

原因は二つ

仮性包茎の主な原因は二つあります。

一つが性器のサイズ

もう一つが皮の長さ

仮性包茎は皮の被り具合によって変わりますので、性器もしくは皮の長さ、どちらかが長いもしくは短いことによって起こります。

ただ、実際に仮性包茎の場合どちらが原因で仮性包茎になったのか、それを知りたいと思います。

性器のサイズの平均は13センチ

※あくまでも一つの目安として捉えてください。

日本人の仮性包茎の割合は約7割ほどと言われています。

そして日本人の性器のサイズは13センチ。

このことから、平均的なサイズ以下の方の場合は、性器自体が小さいことが原因と考えられます。

よって、今平均サイズよりも小さい方は、包茎を治すよりもサイズを大きくさせることを進めたほうがいい場合もあります。

また、成長期段階の場合はサイズに影響を与えると言われている自慰行為をほどほどにする。

※ただ、これには明確なエビデンス(科学的な根拠)がありません。言われているのは、成長期にカラダを構成するたんぱく質を排出するためと言われていますが、それでしたらたんぱく質の元となるお肉や魚を多く摂取すれば済みます。摂り切れない場合はプロテインなどを代用すれば済みます。

自慰行為で皮が伸びる

一般的な自慰行為は性器を握って上下に手を動かす。

この自慰行為をすると皮を伸ばしてしまう原因となります。

自慰行為を覚えてから今まで、このような自慰行為をしている方はこれが原因となる可能性があります。

また、自慰行為と性器のサイズ、どちらにも原因がある場合もあります。

以上が仮性包茎の原因となる項目でした。