アイキャッチ画像

東京ノーストクリニック

クリニック名 東京ノーストクリニック
店舗名 高崎院
住所 群馬県高崎市八島町117 宮沢ビル5F
アクセス [JR高崎駅]西口より徒歩2分
営業時間 10:00~21:00
支払い方法 クレジットカード利用OK。分割支払OK。
駐車場 なし
キャンペーン →最新情報はこちら






包茎あるある

お客様A

【健吾:24歳】

悩んだ日もあった

僕は短小包茎である。男にとっては屈辱的なことかもしれない。ファッション雑誌を見ると、ページの最後の方に包茎手術のクリニックの広告やペニス増大サプリメントの広告がでかでかと載っていて、それを見るたび短小包茎だと言われてる気分になる。初めて出来た彼女といざセックスをしようとなった時のこと。正直彼女は僕のペニスを見てなんて言うか不安で、乗り気ではなかった。ホテルへ行き、シャワーを浴び、さあ始めようと服を脱いだ。彼女は僕のペニスを見て、「初めて見た」と興味津々だった。思いの外普通の反応だったのだ。短小包茎だというのは僕の気にしすぎだったのだと気がついた。



お客様B

【ハイエナジー:33歳】

サッカー教室の合宿にて。

小学5年生の頃、とある街のサッカー教室に通っていた私は、夏休み期間中、そのサッカー教室の合宿に参加することになりました。この合宿で最も畏れていたことは、灼熱の中での練習ではなく、夜皆で大浴場に入ることでした。当時、自分は包茎だったのですが、サッカー教室の友達の中には既に脱しているものも多く、その事実を隠す為にタオルを必死に巻き、極力皆に身体を見られる事がないよう緊張しながら風呂につかり、余計に疲れがたまった淡い青春時代を思い出します。