アイキャッチ画像

東京スカイクリニック

クリニック名 東京スカイクリニック
店舗名 熊本院
住所 熊本県熊本市中央区下通1-1-14 マテリア8 4F
アクセス 熊本市電A系統通町筋駅 徒歩2分
営業時間 9:00~21:00
支払い方法 クレジットカード利用OK。分割支払OK。
駐車場 なし
キャンペーン →最新情報はこちら






包茎あるある

お客様A

【カズヨシ:35歳】

自分だけじゃなかったんだな。

私は仮性包茎なのですが、大学生くらいまではすごく気にしていました。旅行先での入浴時や、女性とのエッチの時などには脱ぐ前に手で皮を剥いてから露出していました。(いわゆる見栄剥きです。)さらに包茎が改善されるように普段から定期的に剥いて、戻っては剥いてを繰り返して、“剥き癖”をつけるようにしていました。パンツの中で皮が自然に戻るときに、糸や陰毛を巻き込むことがあり、次に剥いたときにおちんちんにそれらが張り付きっぱなしになり、そのなんとも情けない様を女の子に見られたときは死ぬほど恥ずかしかったです。あるとき当時付き合っていた子に仮性包茎の話をしたら「女の子はそんなこと気にしてないと思うよ。」と言われ、それ以来自分でも気にしなくなりました。周りの友達とかも剥けてる人のが多いような気がしていましたが、今考えると結構みんな自分と同じように見栄剥きをしていたんじゃないかなと思っています。



お客様B

【こたつ魔人:23歳】

見栄を張ろうとして結局・・・

前の彼女と付き合っていた時の話です。お互いに初めての相手ということもあり、そういうことをやろうという気持ちはあるものの、包茎であった自分は相手にみせるのが恥ずかしく感じていました。そこで自分は、行為をする前に自分であらかじめ皮をき、その状態で相手と行為をしようと考えました。その状態で何とか最後までやり通すことはできたのですが、行為が終わった後に縮んだ状態のものを見られてしまい、結局相手にはバレてしました。自分はとてもショックを受けましたが、相手は男性のものは大体そういうものなのだと考えていたらしく、事情を話すと笑って「バカだね~」というに留めてもらえました。