アイキャッチ画像

東京スカイクリニック

クリニック名 東京スカイクリニック
店舗名 愛媛院
住所 愛媛県松山市千舟町5-1-6 三宅ビル5F
アクセス 伊予鉄道1・2系統松山市駅前駅 徒歩3分
営業時間 9:00~21:00
支払い方法 クレジットカード利用OK。分割支払OK。
駐車場 なし
キャンペーン →最新情報はこちら






包茎あるある

お客様A

【ma74kr46:50歳】

勇気をもってはじめの一歩

学生の頃、ずっと包茎のことで悩んでいました。昔は自宅にお風呂がなかったので皆銭湯通いの人が多く、自分も例外ではありませんでした。銭湯では学校の友達も来ていることが多く最初友達から指摘されるまで自分が「包茎」だということがわかりませんでした。包茎だということを知ってからはなぜかそのことが恥ずかしいイメージを持ってしまい、あまり人目につかない時間帯に銭湯に行くことが多くなってしまったということを今でも覚えています。そして20歳の成人式の日に、包茎の手術をしようと心に決めていて式の帰りに前もって予約しておいた形成外科において手術を行いました。もっと早くにしておけば、また違った学生生活ができたかなと今でも思う時があります。



お客様B

【アス:19歳】

真性包茎だった小学生のころ。

小学生の時は真性包茎でした。情報をいろんなところからかき集めてみるとどうやらその頃には、皆、皮が剥けているようでとても焦りのようなものを感じていました。これ本当に剥けるの?えっ?えっ?どういうこと????って感じでした。小学生高学年の時に、自慰行為を覚えると同時に皮を温めながらゆっくり剥き始めました。長年放置していた皮は完全に癒着してしまっていて、ミリ単位でしか剥けませんでしたが、半年ほどで完全に剥け切ることが出来達成感のようなものを感じました。本当にクソ笑えます。ありがとうございました。