アイキャッチ画像



クリニック名 東京スカイクリニック
店舗名 大阪院
住所 大阪市北区芝田1丁目4-14 芝田町ビル6F
アクセス 阪急梅田駅・JR大阪駅より徒歩3分
営業時間 9:00~21:00
支払い方法 クレジットカード利用OK。分割支払OK。
駐車場 なし
キャンペーン →最新情報はこちら









包茎あるある

お客様A

【おたくはちろう:50歳】

南極一号だとかで包茎は直るか

おそらく無理ではないかと思える南極一号、または二号にて、包茎が直るかという話ですが、まあ無理でしょうね。あくまで、一番直す方法は、誰かにむいてもらう事によってだと私は断言します。が、別に包茎の人など、沢山いるというのも、事実だと、私は思います。だから、気にしなくても、女性にしても、まだそういうものがついたままの方もいると思います。どこまでも、性のエスコートや、性に積極的ではないと、解決sないのが包茎でしょう。



お客様B

【めくりめく皮:42歳】

ひりひりした経験は忘れない

10代後半の頃、私は自分が包茎だとは知らなかったのです。たまたま友人と銭湯に行った時に、友人のモノは完全にめくれていたのです。私のは被っている状態です。調べてみて初めて、私は包茎だと気付いたのです。他の男性友達に聞いても、ほとんどが大人の階段である包茎からの卒業をしていたのです。これは恥ずかしいと思い、手術以外で何か包茎を治す方法はないのかと調べたら、「毎日、どんな時でも皮をめくっておくこと」と示してあったのです。そこで、毎日、気が付いたら、トイレに行っては、自分の皮をめくっていたのです。ただ、自然にめくれてないので、動いた時に摩擦が起こりひりひりして痛いのです。思春期の男ですから、一日でも早く包茎を卒業したいと、その痛みに耐える日々だったのです。結局、包茎は治らなかったです。炎症を起こすぐらいに努力したのですが、どうにもならなかったです。当時は、包茎だと女性から嫌われるだろうという固定観念があり必死だったのです。