アイキャッチ画像



クリニック名 東京ノーストクリニック
店舗名 長野院
住所 長野県長野市南長野北石堂町1182 ベイユビル5階
アクセス [JR長野駅]善光寺口より徒歩8分
営業時間 10:00~21:00
支払い方法 クレジットカード利用OK。分割支払OK。
駐車場 なし
キャンペーン →最新情報はこちら









包茎あるある

お客様A

【しちろう:40歳】

40超えたら

そもそも、40を超えたら、包茎の前に、マッサージしてもらいたいだとかの方が気持ちいい。男性ホルモンなんてかけらもないという感じである。性的な事もしなくてもいいし、はっきり言って、普通に、体から癒やされたいと思う年頃なのである。包茎で悩める若い頃は羨ましいと思わずにはいられない。あの頃、悩みはあるけれど、もっと若々しいもので良かったと思う中年である。青春と性春という言葉は、ほぼ同義ではないかと思う今日日である。



お客様B

【ぽぽ17:42歳】

包茎でも気にしない

私が包茎を気にしだしたのは20歳を過ぎてからですそれまでは、自分が包茎である事を全く認識していませんでした。包茎という言葉すらよくわかっていませんでした。しかし、20歳を過ぎた頃に銭湯などに行くと他人と自分の「もの」の形状が違う事に気付きます「普通は皮の部分がむけているんだ」と、自分が包茎である事に気付いたのですそれからは銭湯や温泉に行く時はタオルを巻くようになりました(湯船の中では取ります)だけど、ある日友人がトイレで「俺の包茎見たな~」と言いました(もちろん見てません)その言葉に「包茎でも堂々と言えば恥ずかしい事じゃないんだ」と感じ「意外の包茎の人って結構いるんだな」と思いましたそれからは、あまり気にせず銭湯や温泉などにも行けるようになりましたまあ、他人のやつなんて興味が無い人がほとんどなので過度に気にしなくても良いのかもしれませんね