アイキャッチ画像



クリニック名 ABCクリニック
店舗名 横浜院
住所 神奈川県横浜市西区南幸2-12-5 城勘ビル4F
アクセス 各線横浜駅 南改札みなみ西口より徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
支払い方法 クレジットカード利用OK。分割支払OK。
駐車場 なし
キャンペーン →最新情報はこちら









包茎あるある

お客様A

【ゆうすけ:29歳】

挟まる包茎の悩み

私は包茎である。真性包茎ではないが、仮性包茎(そのなかでも軽い法)なため、陰毛が挟まりやすい。歩いているとたまに陰毛が皮に挟まり痛くて歩いていられない。酷い時は近くのコンビニや駅などのトイレで位置を修正しなくてはならない。性行為の際は、皮が余分にあるので陰毛が挟まることもあってコンドームをつけるのが正常な男性器に比べて付けづらい。また毎日清潔にしていてもどうしてもタンパク質が皮の内部に溜まりやすく、夜など1日の終わり頃にはタンパク質が少し付着している。私の場合は仮性のなかでも軽い方だが、それでも正常な人と比べると衛生面で不安が残る。また皮が被っている部分の内側は乾燥に慣れてないので、肌が敏感で弱く、性行為の際他人の接触が強いと痛みを感じる。また内出血しやすい。不安を抱えながらの性行為なので集中が途切れることがたまにある。



お客様B

【peijey:50歳】

使用頻度の包茎

若い人によって、おじさん包茎でしょうと笑われることがありますが、実は違います。おじさんになると、中年のえろいおばさんという人もいますので、そういう人と、こっそりはめはめをやっているので、結構元気だったりします。包茎を直すテクは、とにかく使用するしかないということです。それも、自力ではなく、誰かと濃密な愛を重ねることによって、包茎は直っていくのです。包茎そのものは、使わないと、皮を被ってしまいので、気をつけましょう。